作者の意図|作品解釈

Author's intention|Interpretation of artworks

芸術作品はなんらかの意味や価値を持っており、鑑賞者はこれを解釈し、理解する、評価する。このような実践において、作者の意図はどこまで/どれだけ関与的なのか。意図主義によれば、作品の内容や主題は少なからず作者の意図によって決定される。一方、反意図主義によれば、作品解釈と作者の意図は切り離すべきである。分析美学における有力な立場には、現実意図主義、仮説意図主義、価値最大化理論などがあり、それぞれの説明力をめぐって論争がなされている。